オペラを観に行く際の服装について

こんにちは。すっかり新緑が眩しい季節になりました。

今日はオペラを観に行く際の服装についてお話しようと思います。

慣れない劇場に足を運ぶとき、何を着ていけばいいのか迷ったことはありませんか?

実は、日本の劇場における服装のルールは特にありません!
ですので、極端な話ジーンズにスニーカーを履いて行ってもNGではないんです。

しかし、現代では劇場に足を運ぶことは、作品を観にいくことがメインになっていますが、オペラが栄えた当時、観劇、鑑賞という目的の他に、お洒落をして自分が主役になり、社交を楽しむという目的がありました。

ですので、皆さんにも会場に向かうまでの道のりや、前後のお食事など合わせて楽しめるような服装で来ていただきたいと思います。

実際に劇場のお客様を見渡すと、男性はスマートカジュアルな服装(ジャケット、シャツ、セーター、チノパンなど)、女性はワンピースを着ている方が多いです。お仕事帰りのお客様は、男女ともにスーツでご来場されています。

参考になりましたら幸いです。
また劇場に足を運ぶことを楽しめる世の中になりますように。

企画・営業 井上 唯

関連記事一覧

  1. ピアノ

松濤・レンタルスタジオ

You Tubeチャンネル

佐藤智恵

メールマガジン登録

佐藤智恵・公式LINE

過去の投稿

PAGE TOP