川守田 祐利(ヴィオラ)

川守田 祐利(ヴィオラ) プロフィール

5歳よりヴァイオリンを始め15歳でヴィオラに転向。

2014年Viola Space若手演奏家のためのマスタークラスを受講。

第62回東京国際芸術協会新人演奏会に出演。

第27回京都フランス音楽アカデミーにおいてスカラシップを受賞、パリエコールノルマル音楽院に奨学生として1年間留学。

2018年パリ国際大学都市にてソロリサイタルを行い好評を得る。

また、エコールノルマル音楽院の学内試験において、ソロ、室内楽共に満場一致を獲得。

2019年ミュージック・マスターズ・コース・ジャパン(MMCJ)を受講。2020年第22回万里の長城杯国際音楽コンクール大学の部2位。

これまでにブルーノ・パスキエ、大野かおる、佐々木亮の各氏に師事、現在川﨑和憲氏に師事。

東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、現在東京芸術大学音楽学部在学中。

 

自己PR

ソロはもちろんですが、高校時代より専門的に室内楽を学び、また何度も自主企画のコンサートで様々な編成の演奏を経験してきました。

プロテスタントのキリスト教会員で、幼い頃から教会堂や集会室などホール以外での演奏にも慣れています。

また、クリスマスなど行事関係のレパートリーも豊富です。時間に正確であること、一度お引き受けしたお約束はこちらの都合で変更しない、といった基本的なマナーはしっかり身についていると自負しております。

得意なジャンル

クラシック(ロマン派〜近現代) ポップス

 

出身地

東京都

Translate(ページ翻訳):

最近の記事

レンタルスタジオ

You Tubeチャンネル

佐藤智恵 オフィシャルサイト

メールマガジン登録

過去の投稿

PAGE TOP