村松 ハンナ(ヴィオラ)

村松 ハンナ(ヴィオラ) プロフィール

2歳よりヴァイオリンを始め、15歳でヴィオラに転向。第15回日本演奏家コンクール奨励賞、第21回ブルクハルト国際音楽コンクール審査員賞受賞。東京芸術大学音楽学部器楽科卒業。これまでにヴァイオリンを野口千代光、広瀬八朗、田邉典子、佐藤茉奈美、ヴィオラを大野かおる、川崎和憲の各氏に師事。東宝ミュージカル「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」の日本初演にロマ役(ヴィオラ弾き)として出演。また、ONE OK ROCK、木梨憲武(敬称略)等、著名アーティストのライブサポートやレコーディングに参加。現在は様々な音楽シーンで演奏を行う傍ら、自主企画の演奏会開催やヴィオラ、ヴァイオリンの指導を行なっている。

自己PR

コンサートに来てくださる方々が元気になれるような音楽、空間づくりを目指して活動しています。クラシックの演奏、技術向上を基本にしつつ、ロック、ユダヤ音楽、ポップス等様々な音楽に興味を持ち、挑戦中。特技は走りながら演奏することです!

Translate(ページ翻訳):

最近の記事

レンタルスタジオ

You Tubeチャンネル

佐藤智恵 オフィシャルサイト

メールマガジン登録

過去の投稿

PAGE TOP