大竹 温子(ヴィオラ)

大竹 温子(ヴィオラ) プロフィール

群馬県高崎市出身。
名古屋芸術大学音楽学部演奏学科ヴァイオリン専攻卒業。
同大学主催の室内楽等の演奏会に選抜され出演。
大学2年次からヴィオラを師事し始め、卒業後にヴィオラに転向。
2015年シュトゥットガルト弦楽六重奏団のマスタークラスをカルテットで受講。
2018年、TIAA国際教育助成事業のオーディションにて優秀賞を受賞、選抜されモスクワ音楽院の全学費免除推薦を受ける。同マスタークラスにてディプロマを取得。
2019年7月、opera classicaのアカデミー生として渡独し1ヶ月間各地でオペラ公演にオーケストラメンバーとして参加。
ヴァイオリンを森典子、日比浩一に、ヴィオラを李善銘、林徹也、Y.Tkanov、石橋直子の各師に師事。
現在、東海、関東地方を中心にオーケストラ客演など演奏活動しながら後進の指導にあたっている。

<自己PR>

ポップスからクラシックまで幅広い演奏活動を志しています。ライブやお客様との距離の近いものからホールでの演奏など、色んな種類でそれぞれ良いパフォーマンスができるよう、日々精進して参ります。出身のジュニアオーケストラのおかげで、日本も各地に出向いたり、海外公演があったりと遠方への移動も慣れているので、場所も問わずお伺いできると思います。

<得意な曲・作曲者・ジャンル >

ミハイル・グリンカ

<出身地>

群馬県高崎市

Translate(ページ翻訳):

最近の記事

レンタルスタジオ

You Tubeチャンネル

佐藤智恵 オフィシャルサイト

メールマガジン登録

過去の投稿

PAGE TOP