安川 みく(ソプラノ)

安川 みく(ソプラノ) プロフィール紹介

徳島県出身。国立音楽大学演奏学科卒業(歌曲ソリストコース修了)後、東京藝術大学大学院修士課程(独唱)を修了。

修了時に武藤舞奨学金を受け、ウィーンとロンドンへ短期研修。

大学院在学中、藝大フィルハーモニア管弦楽団第384回合唱定期演奏会においてJ.S.バッハ《ミサ曲ロ短調》にてソプラノソリストを務めるほか、同作曲家《マタイ受難曲》、ペルゴレージ《スターバト・マーテル》、ベートーヴェン《第九》、ヘンデル《メサイア》等でソリストを務める。

第68回さっぽろ雪まつり×札幌国際芸術祭2017では岸野雄一氏監修の音楽劇《トット商店街》でソプラノを担当。

2018年秋にはウィーンフィル奏者らと《魔笛》よりパミーナのアリアを共演。

これまでに声楽を岩崎明子、佐竹由美、多田羅迪夫、菅英三子の各氏に師事。

よんでん文化振興財団奨学生。

自己PR

コンサート進行に欠かせないトークなども含め、 お客様がクラシック音楽を身近に感じていただけるよう雰囲気づく りを心掛けております。

フランスやイタリア、ドイツ、 日本などその言語のもつ色を色彩豊かにお伝え出来るように工夫し たいと思っています。

クラシック音楽のファンを増やせられるよう頑張りたいです

得意な曲

宗教曲が好きですがコンサートではフォーレやドビュッシー、 プーランクなどフランス作品を選ぶことが多いです

大好きなもの

旅、映画鑑賞

Translate(ページ翻訳):

最近の記事

レンタルスタジオ

You Tubeチャンネル

佐藤智恵 オフィシャルサイト

メールマガジン登録

過去の投稿

PAGE TOP